必要な道具  シャドボックス・3Dアート


3Dアートに必要な道具はそれほど無くて、意外にも始めやすいハンドメイドです。

段差を作る為に必要な「3Dアートメイト」という液体シリコンさえあれば、身の回りの代用品でもできないことはありません。

もし、もっとやってみたいと思ったら、モデラとトップコートやUVクリスタルなどでグレーぞあっぷしてみてくださいね。

3Dカードの作り方    フラワーフェアリーの説明書付きキットを買って始める場合

説明書にしたがって四枚のプリントをカットします。

カッター

モデラで立体的なカーブを付けることにより表情を付けます。

モデラ

 

四枚の間は、3Dメイトで幅を付けて固定します。

3Dメイト

額装して一層活き活きとした妖精の住む3Dアートが出来上がります。

はサイズに合わせて専用

紙の切り口が白く見えないように、マーカーで切り口を塗ってあげましょう。とっても繊細なアートですね。

マーカー

キラキラのりやホログラムでワンポイントつけるとグットランクアップ。

  

のり・ホログラム・ステッカー

仕上げはUVレジンでコーティング。

レジン

トップコートでおさめてもいいですね。

レジン処理をしないときはスプレーを

 

保護、つや消し、つや出し

各種あります